SMBCモビットの審査に申し込む時におさえておくべきポイント4つ

SMBCモビットのCMを見たことがあるという方も多いのではないでしょうか。

有名といっても消費者金融だからなんだか怖い…と不安に思う方も、銀行より借りやすそうで審査はどうなのかな?と思う方もおられるかもしれません。特に、審査については前もって色々知っておくと安心ですよね。

SMBCモビットと上手に付き合うには、いくつかのポイントがあります。

特に…

  • SMBCモビットの特徴を把握する
  • 貸し付け条件をチェックする
  • 審査での注意点を知っておく
  • 即日融資を希望する場合の対処法

これらについてはしっかりおさえておきましょう。

申込前に…SMBCモビットのサービスや特徴を把握しておこう

カードローンなんてどこもおなじでしょ?と思うかもしれませんが、実はそんなことはありません。

お金を借りる事ができるという点は同じですが、それに付随する様々なサービスや方法などが各業者によって異なるのです。

どこでも一緒だから…と適当に借入先を選んでしまうと、「あっちの方が自分に合っていた!」と後悔することになりかねません。

SMBCモビットでは、様々なサービスや特徴があります。

  • 即日融資に対応している(状況によっては難しいケースもあり)
  • WEB完結申込なら契約時に電話連絡・郵送物なしで利用できる
  • 事情が認められれば勤め先の確認を会社への電話連絡以外の方法で対応してもらえる
  • カードの郵送先を自宅以外にコンビニなどでも指定できる
  • 三井住友銀行内ローン契約機で申し込みやローンカードの発行ができる
  • スマートフォンアプリを活用すればローンカードなしでも利用できる
  • Tポイントを活用する事ができる  など

まずは、SMBCモビットのサービスや特徴をしっかりと把握していきましょう。

※情報は2021年11月27日現在のものです。申し込み時には、公式ホームページなどで最新の情報をチェックしましょう。

SMBCモビットはスピード対応を重視!即日融資も対応可能

カードローンに求めるものは何ですか?

できるだけ早めに…可能ならその日のうちに借りたい!という希望がある方も多いのではないでしょうか?

SMBCモビットでは、即日融資にも対応しています。

審査時間も祝日を除く月曜日~金曜日の19:00までの申し込みの場合、最短30分(申し込み状況によっては難しい場合もあり)と公式ホームページには記載されているため、スピード感ある対応をしてくれていることがわかります。

ただし、状況によっては即日融資が難しい場合もあるので注意が必要です。

後ほど詳しくご紹介していますので、即日融資を希望する方はぜひご参考ください。

SMBCモビットの『WEB完結申込』は電話も郵送物もなし

WEB完結での申し込みに対応しているカードローンは多いですが、SMBCモビットのWEB完結申込は、他のカードローンとは異なる特徴があります。

それが、条件を満たせば職場への勤め先確認の電話や自宅への郵送物がなくすべてWEBで手続きができるということです。

職場に電話をかけてほしくない人や、絶対に家族にバレたくないから郵送物は避けたいという人にはぴったりですよね。

条件は以下の通りです。

  • 三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行のうちいずれかに本人名義の銀行口座を持ちSMBCモビットの借り入れ・返済に利用できること
  • 社会保険証(全国健康保険協会発行のもの)や組合保険証を持っている

また、収入を証明する書類が必要となります。

ローンカードは発行されませんので、スマホやパソコンで管理して財布はすっきりさせておきたいという方にもオススメです。

勤め先への電話連絡が難しい場合は相談に乗ってくれる

収入確認の一環で、申込者が本当に働いているかどうかを確認することは絶対です。

SMBCモビットでも避けることはできません。

基本的には、申し込み時に申告した勤務先に電話をかけて確認していますが、その時、カードローンの申し込みとわからないように、社名は名乗らず、担当者の個人名で電話をかけてくれます。

また、本人が出なくても、「今は会議中で…」など本当に勤めていることが確認できればそれで終了です。

そのため、普段から電話がかかってくるような業種や職場の方であれば、電話連絡はそれほど身構えるものではありません。

しかし、派遣で働く方や、普段電話がかかってくる環境ではない方、個人的な電話の取次ぎを一切行っていない会社などにお勤めの方の場合は、この勤務先への電話連絡はネックになりますよね。

SMBCモビットでは、電話連絡が難しい場合、あらかじめ相談をしておくと、指定必要書類の提出など別の方法で勤め先確認を行ってくれることがあります。

勤務先への電話連絡が不安…という方は、まずはコールセンターに電話をして相談してみましょう。

都合に合わせてカード郵送先の変更やローン契約機から受け取れる

家族にSMBCモビットの利用がバレたくないという方の場合、ローンカードの郵送は気になるポイントの一つですよね。

実はSMBCモビットでは、ローンカードの受取先を指定コンビニなど自宅以外でも選ぶことができるのです。

審査状況によっては自宅以外に指定できない場合もありますが、気になる方はまずは相談してみましょう。

また、三井住友銀行内ローン契約機からもローンカードを受け取ることができます。

スマートフォンアプリで申し込みから借り入れ・返済まで楽々管理

SMBCモビットはスマートフォンアプリも提供しています。

アプリを使うと、申し込みや必要書類の提出なども行うことができますし、契約後は、セブン銀行ATMからローンカードなしでアプリを利用した借り入れ・返済、振り込みキャッシングの依頼など様々なことを行うことができ便利です。

スマートフォン一台あれば、SMBCモビットでのやり取りはまとめて管理できるので便利ですよね。

返済に関してTポイントが貯まる・使える…でお得です!

ただお金を借りて返すだけじゃぁなんだか損してるなぁという気持ちになるかもしれません。

実はSMBCモビットでは、返済の時に利息分200円につき1ポイントのTポイントが貯まりますし、貯まったポイントを1ポイント=1円相当として返済に使うことができます。

TポイントはSMBCモビットだけではなく全国の提携先で貯まりますし、使うこともできます。

カードローンの返済で貯まったポイントでお買い物…なんていうことも可能なのです。

また、SMBCモビットではカードローン・クレジットカード・Tポイントの3つの機能が付いた多機能型モビットカードも提供していますので、一元的に管理したい!という方は利用を検討されてみてもよいかもしれませんね。

あなたは利用対象者?SMBCモビットの貸し付け条件を要チェック

SMBCモビットは誰でも利用できるわけではありません。きちんと、「こういう人が利用できます」という利用対象者を設定しています。

利用対象者を知るには貸し付け条件を確認しましょう

どういった人が利用対象者なのかという点は、SMBCモビットの貸し付け条件を見るとわかります。

【SMBCモビットの貸し付け条件】 (2021年11月27日現在)
利用対象者 ・満年齢20才から69才
・本人に安定した収入がある
・SMBCモビットの基準をみたす
上記3点に当てはまる方
契約スタイル 極度借入基本契約
金利 実質年率:3.0%~18.0%
利用限度額 1万円~800万円
※利用者それぞれによって設定される
返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式
担保・保証人 不要

上記を見てわかるように、利用対象者については、年齢・収入などの制限があります。

たとえ年収が1000万円を超えていても年齢が70歳なら利用することはできませんし、35歳でも本人に収入がなければ利用できません。

また、SMBCモビットの基準を満たすという点は審査を通して判断されます。

では、SMBCモビットの審査は一体どのようなものなのでしょうか。

SMBCモビットの審査は厳しい?前もって準備できること

いくらSMBCモビットに申し込みをして利用したい!と思っても、審査に通らなければ利用できませんよね。

ここからは、SMBCモビットの審査のポイントをいくつか見ていきましょう。

SMBCモビットの審査基準は非公表…でも決して甘くありません!

自分がSMBCモビットに申し込みをして審査に通るかどうか不安…他の人は一体どうだったんだろう…と思う方もおられますよね。

審査の厳しさを判断する材料として新規成約率がありますが、SMBCモビット単体での成約率は公表されていません。

SMBCコンシューマーファイナンスの2021年9月度の新規成約率が39.6%となっていますので、これを目安と考えることはできるでしょう。

10人申し込みをして契約までたどり着く人が3~4人…これを多いととるか少ないととるかは人それぞれですが、申し込みする=審査に通るというわけではないということはわかりますよね。

各カードローン業者では審査に関する基準を公表していません。SMBCモビットも同様で、明確な審査基準は公表されていませんが、これまで審査を受けてきた方々の口コミや、SMBCモビットが順守している貸金業法などから、ある程度審査について知る事ができます。

法律では、消費者自身を守るために、本人の返済能力を超える貸付や多重債務による人生崩壊につながってしまうような融資を避けるために様々な決まりが定められています。

そのため、審査は決して甘くないのです。

契約までの流れをスムーズにするには必要書類の準備をしておこう

申し込みから、契約までの流れを簡単に見ておきましょう。

まずは、申し込みです。パソコンやスマートフォン、電話や郵送、三井住友銀行内ローン契約機から申し込みが可能です。

申し込みをして、審査に進みますが、この時本人確認書類の提出が必要になります。

本人確認書類として認められるのは以下の書類です。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート(住所記載欄がないものは使用不可)  など

運転免許証を持っている場合は、原則運転免許証の提出が必要となります。もちろん、元本をそのまま送付するのではなく、画像をアップロードしたり、コピーを取って送ることになりますのでご安心ください。

また、収入を証明するための書類が必要となることもあります。

  • 給与明細書の写し(直近2か月分と賞与分)
  • 源泉徴収票の写し
  • 税額通知書の写し
  • 所得証明書の写し
  • 確定申告書の写し
  • 指定の「営業状況確認のお願い」書類(個人事業主の方で指示があった場合のみ)

手に入るまでに時間がかかるものもありますので、提出を求められても対応できるようにあらかじめ準備をしておく方がスムーズに契約まで進めるでしょう。

審査に通り、契約まで進むと、あとはローンカードを受け取ったり、スマホATM取引をしたり、振り込みキャッシングの依頼をすることで借り入れができるようになります。

申し込みの時の情報入力は正確に…審査に影響を与えます

カードローンの審査は何を元に行われると思いますか?

実は次の2つの情報を元に審査を行われています。

  • 申込者の申し込み時の情報
  • 申込者の信用情報機関に登録されている情報

申し込みをするときに、氏名や住所、連絡先の他に、勤務先や生活状況、現在の収入や借り入れ状況なども記載しますよね。

これらの情報は決して不要な情報ではなく、審査の時の重要な判断材料となります。

そのため、適当に入力したり、ウソの申告をすることは絶対にしてはいけません。

例えば、住所や氏名を間違った情報で記載してしまうと本人確認書類を提出したときに情報がかみ合わないとなってしまいますし、連絡先を間違えてしまうとそもそも連絡が取れない可能性も出てきます。

職場や現在の収入などは、見栄を張ってよりよく申告したくなるかもしれませんが、勤務先確認は必ず行われますし、場合によっては収入証明書類の提出を求められることもあるので、そういったところからバレてしまうでしょう。

もし、ウソの申告がバレてしまうと、審査には絶対に通りません。

申し込みをするときは、一つ一つ丁寧に入力し、最後に間違いがないか必ず確認してから申し込みボタンを押すようにしてくださいね。

また、申し込み者の自己申告情報だけではなく、客観的な審査の判断材料として信用情報機関に登録されている情報をチェックしています。

信用情報機関とは、国が認めている信用情報(クレジットカードやローンの利用履歴など)を登録・保管している機関で、日本では3社あります。この3社は、それぞれに会員企業をもち、その会員企業の顧客情報を管理しているのです。

カードローンの審査の際には、必ず信用情報の照会が行われます。

信用情報でチェックされるのは今の借り入れ状況と過去の履歴

信用情報ではどのような点をチェックされているのでしょうか。

SMBCモビットをはじめとするカードローンの審査では、主に以下の2点をチェックされます。

  • 今のローンの利用状況
  • 過去の利用履歴

まず、現在どのようなクレジットカードやローンを利用していて、どのくらいの借入残高があり、毎月どの程度返済しているか…など現在の状況をチェックしています。

この時、すでに他社から借り入れをしている場合は、その金額も必ずチェックされるのです。

なぜチェックされるのかというと、貸金業法で申込者の年収の1/3を超える金額の融資(キャッシングやカードローンなど)が禁止(総量規制)されているからにほかなりません。

この時、クレジットカードのショッピングローンや、銀行など貸金業者以外からの借り入れ、住宅ローンや、商品の分割払いは総量規制の対象にはあてはまりませんので、その点はご安心ください。

ただし、当てはまらないというだけであって、審査に影響がないとは言えません。

たくさん分割払いを利用していたり、複数のクレジットカードで限度額いっぱいまでショッピングのリボ払いをしている…なんていう状況だと、審査には悪影響を与えてしまうでしょう。

また、借入金額だけではなく、毎月の返済状況も確認されます。

毎月きちんと返済していれば問題ありませんが、滞納を繰り返していたり、すでに大きな問題に発展していて信用情報にその旨が記載されてしまっているような状態になっている場合は審査に通る可能性が厳しくなってしまうのは否めません。

審査に通る可能性を上げたいのであれば、他のローンもきちんと返済する、完済できるものがあれば完済しておく、年収の1/3を超える金額は希望しないといった点に注意をしておきましょう。

また、過去のローン利用履歴も信用情報に残っているものに関してはチェックされることになります。

信用情報は、現在利用中のものだけではなく、過去利用していて契約が終了したものも、一定期間保管されています。

その保管中の過去の履歴で、問題があると審査に通ることはありません。

特に注意してほしいのは、長期滞納をしてしまった場合や、債権が譲渡された場合、債務整理を行った場合です。

これらの情報について1つでも記載されていると審査に通るのは難しいでしょう。

もし、ご自分の信用情報が不安…という場合は、一度信用情報の開示をしてみるのもおススメです。

信用情報は本人が手数料を払えば、それぞれの信用情報機関に開示請求を行い閲覧する事ができますので、気になる方は一度チェックしてみてください。

審査は総合的に判断される…もし落ちても慌てて再申し込みをしないで

審査では、これまでご紹介してきたように、申込者の申告情報(収入や勤務先、生活環境など)と信用情報で総合的に判断されます。

収入についてはいくらなら大丈夫ということはありませんが、SMBCモビットでは、安定した収入があればパートやアルバイトの方でも利用できるとしていますので、大切なのは、バランスだと考えられます。

収入が200万円でアルバイトでも、希望金額は5万円で、他に借り入れがなく、クレジットカードの利用も毎月きちんと支払いができている…なんていう状況だと審査に通る可能性は十分にありますし、逆に収入が1000万円の有名企業勤務でも、過去に自己破産した経験がありそれが信用情報に残っているという場合は審査に通ることはありません。

もし、SMBCモビットに申し込みをして、審査に落ちてしまった場合は、あわてて再申し込みをする…ということはせずにまずはどうして落ちたのかをしっかり検証しましょう。

SMBCモビットでは審査結果は教えてくれますが、なぜ落ちたのかという理由は教えてくれません。

自分で判断するしかないのです。

  • 申込内容に不備があった
  • 収入と借り入れ希望額のバランスが悪かった
  • 他社の借り入れ状況で判断された
  • 過去の借り入れ状況で判断された  など

こういった要因が考えられます。

SMBCモビットでは、申し込み回数に制限をしているわけではないので、同じ人が何度も申し込みをしても問題はないです。

しかし、問題ないからといって審査に通るとは限りません。

何度申し込みをしても状況が改善されなくては審査に通ることはありませんし、何度も申し込みをしたという事実はSMBCモビットの履歴には残ってしまいます。

他に原因が考えらず、申込内容に不備があったのかも…と思うのであれば、今度はしっかりと記載内容を確認し、再び申し込みをするというのも悪くはありませんが、それ以外が原因かも…と心当たりがあるならそれらを改善してから再申し込みを行うようにしましょう。

また、SMBCモビットに落ちたから他に申し込みを…と思ったときも注意してほしいことがあります。

それは、カードローンに申し込みをしたということも信用情報機関に登録されてしまうことです。

審査の際に信用情報機関の情報を照会すると、情報を照会したという履歴が登録されてしまいます。期間は半年程度です。

そのため、短期間にたくさんのカードローンに申し込みを繰り返すとその履歴がたくさん登録されるため、「こんなにいっぱい申し込みをしていてどうするのか…」と不信感を与えることになりかねません。

急いでお金を借りたいという気持ちはわかりますが、焦ってやみくもに申し込みを繰り返すのではなく、なぜダメだったのかを考え、状況改善に努めて慎重に申し込みをするようにしましょう。

できるだけ早めに借りたい…即日融資を希望なら申し込み後に電話を

先述した通り、SMBCモビットでも即日融資を受ける事が可能です。しかし、いつでもだれでも即日融資が可能というわけではなく、状況によっては翌営業日以降に返事が来たり、審査に時間がかかってしまうことがあります。

できるだけ早めに借り入れしたい!と思うのであれば、いくつか注意するべき点があるのです。

  • 申し込みの時間帯に注意する
  • WEB申し込みの場合申し込みの後に即日融資を希望していることをコールセンターに連絡する
  • 借入方法を考えておく
  • 必要な書類はあらかじめ揃えておく
  • 勤務先への連絡について考えておく  など

これらのどれか1つでも抜けてしまうとその日のうちにお金を借りる事が難しくなってしまう可能性があります。

即日融資を希望する場合の申し込み方法は2パターン…時間帯も要注意

SMBCモビットは様々な方法で申し込みを受け付けていますが、即日融資を希望するときに推奨されている申し込み方法は2つです。

  • ネットで申し込みの後にコールセンターに電話をする
  • 三井住友銀行内ローン契約機で申し込みをする

家にいても職場にいても申し込みができるのは、ネットでの申し込み→電話の方法です。

まずは、パソコンやスマートフォンなどからSMBCモビットに申し込みを行います。

申し込みが完了するとユーザーIDが表示されますので、必ずそれをメモしておきましょう。

ユーザーIDが表示されたら、今度はSMBCモビットのコールセンターに電話をします。

モビットコールセンター 0120-03-5000

コールセンターに電話をして、即日融資を希望している旨を伝えましょう。

電話をすることによって、すぐに審査を開始してもらうことができます。

ただし、コールセンターは24時間対応ではありません。

営業時間は9:00~21:00までとなっていますので、即日融資を希望する方は、かならずこの時間までに申し込みをし電話をかけるようにしましょう。

あまりギリギリすぎると翌営業日以降の取り扱いになる可能性もありますので、できるだけ早い時間帯の申し込みがおススメです。

三井住友銀行内ローン契約機の場合は、申し込みをするとそのままローンカード発行の手続きまでしてもらうことができます。

営業時間は基本的には平日・土日祝日問わず9:00~21:00までです(店舗により異なる場合もあり)。

お近くに三井住友銀行内ローン契約機があり、尋ねる事ができる場合はその場でカードまで発行でき、契約が終了すればそのまま利用できるので便利です。

即日融資で利用できる借入方法は振り込みか提携ATM利用の2つ

即日融資を希望するときに利用できる借入方法は以下の2つです。

  • 提携ATMからの借り入れ
  • 指定口座に振り込みキャッシング

ローンカードを利用した借り入れを希望する場合は、必ずお近くの三井住友銀行内ローン契約機を訪れる必要があります。

郵送でのローンカード受け取りの場合、即日発行が無理だからです。

三井住友銀行内ローン契約機で初めから申し込みをした場合は、もちろんその場で発行されますが、ネットで申し込みをしてローンカードのみ三井住友銀行内ローン契約機で受け取る方法も選択することができます。

ローンカードが発行され、契約が完了すればすぐにでも提携ATMから借り入れできるので便利です。

また、SMBCモビットのスマートフォンアプリをインストールし、登録を行うと、スマホアプリを利用してセブン銀行ATMから借り入れ・返済を行うことができます。

ローンカードは必要ありません。

お近くにセブン銀行ATMがあり、すぐに手元に現金が欲しいという場合は、大変便利な借入方法です。

三井住友銀行内ローン契約機やセブン銀行ATMまで行くことは難しいという場合は、指定口座に振り込み融資をしてもらうこともできますのでそちらの方法を選びましょう。

ホームページやスマートフォンアプリ内の会員専用「Myモビ」から振り込み依頼を行うことができます。

指定銀行口座によっては振り込み依頼後最短3分で入金されますので、こちらも便利なサービスです。

ただし、入金までにかかる時間は、指定した銀行や申し込みの時間によって異なりますので、あらかじめホームページでご自分の希望する銀行口座だとどのくらいかかるのか、確認しておきましょう。

振り込み申し込み時間などによっては振り込みが翌営業日以降になることもあります。

必要書類を準備し職場への電話連絡についても検討しておこう

必要書類はあらかじめ準備しておいた方がスムーズに進みます。

本人確認書類(運転免許証など)と、状況によっては収入を証明する書類も必要となりますので、すぐに対応できるようあらかじめ手元に用意しておきましょう。

職場や役所で発行してもらう書類の場合は準備に時間がかかる可能性もありますので、今ないなぁという場合は、前もって準備をしておいた方が安心ですね。

また、『WEB完結申込』以外の方法での申し込みの場合は、原則職場に勤務状況を確認するための電話連絡が入りますよね。

もし申し込みをした日が会社の休業日で、電話連絡が難しい…という場合は、申し込みをする前にあらかじめSMBCモビットのコールセンターに相談してみましょう。

このような場合、指定された必要書類を提出することで代替え確認としてもらえることもあります。

このように、あらかじめいくつかのポイントを押さえておくことでできるだけ早めの融資を実現する事ができます。

しかし、審査の内容や申し込みの混雑状況によっては即日融資が難しいケースもありますので、その点は把握したうえで申し込みを行いましょう。

SMBCモビットはやばくない!口コミから見えてくる安全度

消費者金融ってなんだか騙されそう躊躇してしまう…そのような気持ちはよくわかります。

SMBCモビットもちょっと怖い…と思われる方もいるかもしれません。

しかし、不安に思うことはありません。SMBCモビットはきちんと認められた消費者金融であり、きちんと法律に則った運営が行われています。

また、実際にSMBCモビットを利用したことがある人の口コミを見てみても、概ね好意的な意見が多かったです。

貸金業法に順守したSMBCモビットなら安心して利用できる

人にお金を貸すことを生業とする場合、勝手に営業を行うと違法行為となります。

消費者金融のように、消費者にお金を貸すことを商売としている業者は、きちんと営業の登録を行い、貸金業法という法律を遵守した営業を行わなくてはいけません。

貸金業法では、消費者金融など消費者に対する小口融資に対し、以下のような行為は認められていません。

  • 上限金利を超える金利設定すること
  • 総量規制を超える融資を行うこと(ただし例外あり)
  • 指定信用情報機関への情報提供の拒否
  • 禁止されている方法での取立行為  など

貸金業法では、融資額に応じてそれぞれ上限金利が定められていて、それを超える金利の設定は違法となります。

融資額 上限金利(年)
~10万円まで 20.0%
10万円超~100万円まで 18.0%
100万円超~ 15.0%

もし、これらを超える利息を請求されても、支払う必要はありません。

SMBCモビットの場合は、金利が実質年率3.0%~18.0%となっていますので、貸金業法の範囲内です。

そして、最後の禁止されている取立行為ですが、実はこれが一番心配という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

一昔前のテレビドラマなどを見ていると、深夜に玄関をわざと大きな音でドンドン叩いたり、蹴ったり、乱暴な言葉を使って威圧したり、お金を返すまで居座ったり、家族や周囲の人間に肩代わりするようもちかけたり…このような怖い借金取りを表現しているシーンもありましたよね。

しかし、これは現在ではすべて禁止行為となっています。

現在は、正当な理由なく夜間や早朝の連絡を禁止していますし、職場や家族に勝手に個人情報を話すことも原則認められていません。相手が怖いと感じるような手法も禁止されていますので、万が一払えない…となっても、まずは本人に電話連絡が来たり、郵送物が来たり…などきちんと法律に則った手順で督促されるのです。

消費者金融ってちょっと怖い…と感じられるイメージの大部分は現在では禁止行為となっていますので、ご安心くださいね。

SMBCモビットも当然きちんと貸金業法を遵守した活動が行われていますので、安全に利用する事ができます。

口コミではコールセンターなどオペレータの対応が高評価

まだまだSMBCモビットは不安…という方もおられるかもしれません。

それでは、実際に利用した人の声をいくつか見てみましょう。

  • 初めてのカードローンで不安はあったけれど、ホームページの説明通りに申し込みをしたらスムーズに契約・借り入れができた。
  • 会社への電話連絡が不安だったが、あらかじめコールセンターに相談したら親身になって話を聞いてくれ、別の確認方法をとってくれて助かった。
  • 電話で相談しながら申し込みができたので安心して納得して利用できた。  など

SMBCモビットの口コミを見ていて多かったのは、コールセンターのオペレータの方の対応のよさでした。

カードローンに対する不安な点や心配な点をしっかりと相談する事ができ、納得して申し込みができたという方や、電話連絡に対する不安を解消する事ができたという方など、申し込んだことに後悔しなかったという声が多く、これらのことは、SMBCモビットが安心して利用できる消費者金融だということがよくわかる一面ではないでしょうか。

あなたが、もし、SMBCモビットの利用について不安に思うことがあるなら、まずはコールセンターに相談をしてみましょう。

納得して、不安を解消してから申し込みを行うことが、安心してカードローンを利用するための鉄則ですよ。

カードローンの利用は住宅ローンや他のローンの審査に影響を与えます

これから住宅ローンなど他の大きな金額のローンを組む予定はありますか?

その場合は、SMBCモビットを利用する時に注意してほしいことがあります。

SMBCモビットの借り入れ残高が多いと住宅ローンの審査にマイナス

住宅ローンを始めとする大きな金額のローン審査はとても慎重に行われます。

一般的には仮審査が行われ、そのあとに本審査に進みますが、この時、SMBCモビットなどカードローンの借入金額が審査に影響を与えてしまうのです。

これは、先ほどご紹介したSMBCモビットの審査の時と同じで、他からお金を借りているとなるとその分、貸した時に本当に返してくれるのか…というリスクが上がってしまいますよね。

特に、カードローンの場合は住宅ローンの審査時にシビアにみられる傾向があるといわれていて、借入残高が高ければ高いほど審査の時にマイナスの評価となってしまいます。

もし、これから住宅ローンの審査を受ける予定…という場合はできる限り返済を進めてしまいましょう。

SMBCモビットを完済して借りる予定がないなら解約も検討を

住宅ローンの審査の時にも当然信用情報をチェックされますが、この時、たとえ利用していなくてもSMBCモビットの契約が残っていると審査の際に影響を与える可能性があります。

カードローンの場合、完済したとしても自動的に契約が終了というわけではなく、契約自体は残っているので、借りようと思えばまた借りられる状況です。これが審査の際にマイナスの印象になってしまう恐れがあります。

そのため、万全の状態で住宅ローンの審査に臨みたいのであれば、完済してもう利用しないな…と思ったカードローンは、いったん契約解除を申し出ておきましょう。

契約解除を申し出て契約が終了すると、その旨が信用情報に記載されるので、審査にマイナスになることはありません。

ただし、一度解約してしまうと、もう一度利用したい…と思ったときに、再び一から申し込みをして審査を受けて…という手順を踏むことになりますので、その点はご承知おきくださいね。

住宅ローンの審査がきっかけで借り入れがバレる可能性も…

SMBCモビットを利用している状態で住宅ローンの審査を受けるときに、注意してほしい点があります。

それは、住宅ローンの審査がきっかけでSMBCモビットなどカードローンの利用が家族にバレてしまう…という可能性があるということです。

住宅ローンというと家族のことですよね。夫婦でことを進めていく…という状況になる方も多いのではないでしょうか。

そんな時に住宅ローンの審査に落ちてしまうと、なぜ落ちたのか…と考えることになりますが、中には信用情報の開示をしてみるというケースもあります。

この信用情報を開示したときにそれが家族に見られカードローンの利用がバレてしまうということもあり得るのです。

これから住宅ローンの利用を計画されている方はこういったリスクもきちんと考えてカードローンの利用を検討するようにしましょう。

お金に困った時の強い味方…SMBCモビットを上手に活用しよう

SMBCモビットは、申し込み時から審査、契約、借り入れ、返済に際して、私たち消費者が利用しやすいように様々な工夫がされていますよね。

特に条件が揃えば即日融資も期待できますし、職場への電話連絡や、ローンカードの受け取りについても申込者の状況に応じて相談に乗ってくれるなど魅力的な点も多いです。

そのため急にお金が必要になった…という状況や、今月出費がかさんでお金が足りない…などお金に困った時の強い味方になってくれます。

ただし、自分の返済能力を上回るような無謀な借り入れや、借りては返す…などの自転車操業的な利用はどんどんご自身の金銭的な状況を悪化させてしまう可能性があり危険です。

もし返済できない…などの事態になると、その後の人生に大きな影を落としかねません。

きちんと返済計画を立て、無理のない利用を心がければ、SMBCモビットはきっとあなたの人生の一助となってくれるでしょう。

閉じる
閉じる